【2020年7月運用実績】ロボアド比較【ウェルスナビ・テオ】

ユイです!

こちらでロボアドバイザーというAIが資産運用してくれるサービスを解説しました。

勝手に資産運用してくれる!?ロボアドバイザーとは?

記事の中でおススメとしてウェルスナビ」「テオ」の2つを紹介しました。

2つとも初心者向けでおススメだけど、結局どちらの方が稼げるのか?ということで、実際に運用してみて確かめてみることにしました!

運用ルール

今回は運用に必要な最低金額の1万円でスタートしてみました。

ウェルスナビ」は「SBIネオモバイル証券」が提供する「WealthNavi for ネオモバ」であれば、1万円からスタートすることができます。
テオ」も以前は1万円からスタート出来たのですが、少し前に10万円からに変わってしまいました。
ただ「テオプラス docomo」であれば内容は変わらず1万円からスタートできますので、これから始める方はこちらの方がよいかもしれません。

今回はそれぞれ1万円を同時に入金して比べてみることにしました。

運用ルール

テオWealthNavi for ネオモバの運用を同時にスタート
・それぞれ1万円から運用開始


運用実績

 ウェルスナビテオ
2020年2月-750円-616円
2020年3月-1737円-2496円
2020年4月-1290円-1837円
2020年5月-855円-1997円
2020年6月-596円-1211円
2020年7月-238円-1015円

今月も両者とも含み損が回復していますね!

特にウェルスナビの方はそろそろプラスになりそうな勢いです。
来月にはプラスになりそうなので期待したいところです。

テオも今回は回復率はそこまで高くありませんでしたが、徐々に回復してきています。

最悪の時期に始めましたが、半年くらいかけてようやくプラスになりそうです。

似たような投資だと投資信託もありますが、こちらは元々利益が出ていたので、
プラスに回復するまでには2ヶ月くらいでした。

ただ暴落前の利益が出た状態に回復するまでには、やはり同じように半年くらい掛かっています。

【2020年7月運用実績】100円から始める投資信託生活【楽天証券】

そのため、このような投資は暴落後半年くらいは頑張って持ち続けると、
ちゃんと利益が出るまでに回復してくれそうです。

1万円で始められるウェルスナビこちらから

1万円で始められるテオこちらから

現在のポートフォリオ

ウェルスナビ

テオ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です