【2021年9月運用実績】ロボアド比較【ウェルスナビ・テオ】

ユイです!

こちらでロボアドバイザーというAIが資産運用してくれるサービスを解説しました。

勝手に資産運用してくれる!?ロボアドバイザーとは?

記事の中でおススメとしてウェルスナビ」「テオ」の2つを紹介しました。

2つとも初心者向けでおススメだけど、結局どちらの方が稼げるのか?ということで、実際に運用してみて確かめてみることにしました!

運用ルール

今回は運用に必要な最低金額の1万円でスタートしてみました。

ウェルスナビ」は「SBIネオモバイル証券」が提供する「WealthNavi for ネオモバ」であれば、1万円からスタートすることができます。
テオ」も以前は1万円からスタート出来たのですが、少し前に10万円からに変わってしまいました。
ただ「テオプラス docomo」であれば内容は変わらず1万円からスタートできますので、これから始める方はこちらの方がよいかもしれません。

今回はそれぞれ1万円を同時に入金して比べてみることにしました。

運用ルール

テオWealthNavi for ネオモバの運用を同時にスタート
・それぞれ1万円から運用開始


運用実績

 ウェルスナビテオ
2020年2月-750円-616円
2020年3月-1737円-2496円
2020年4月-1290円-1837円
2020年5月-855円-1997円
2020年6月-596円-1211円
2020年7月-238円-1015円
2020年8月+120円-641円
2020年9月-179円-942円
2020年10月-451円-1354円
2020年11月+477円-205円
2020年12月+847円-70円
2021年1月+986円-17円
2021年2月+1371円+100円
2021年3月+2030円+788円
2021年4月+2347円+1346円
2021年5月+2668円+1370円
2021年6月+2790円+1760円
2021年7月+2763円+2012円
2021年8月+2921円+2298円
2021年9月+2687円+2105円

こちらは両方とも下がってしまっていますね。

現状両方とも米国株メインなので仕方なし、というところでしょうか。

同じ米国株といえど、ウェルスナビとテオでは保有している銘柄が異なるようで、
今回はウェルスナビの方が下げ幅が大きいですね。

とはいえウェルスナビでは米国株以外は前回よりも上がっているものもあるので、
このくらいの下げ幅に抑えられているようです。

同じ米国株でも銘柄が異なることで差が出てきているので、今後どうなるのか気になるところですね。

1万円で始められるウェルスナビこちらから

1万円で始められるテオこちらから

現在のポートフォリオ

ウェルスナビ

テオ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です