【2021年8月運用実績】ロボアド比較【ウェルスナビ・テオ】

ユイです!

こちらでロボアドバイザーというAIが資産運用してくれるサービスを解説しました。

勝手に資産運用してくれる!?ロボアドバイザーとは?

記事の中でおススメとしてウェルスナビ」「テオ」の2つを紹介しました。

2つとも初心者向けでおススメだけど、結局どちらの方が稼げるのか?ということで、実際に運用してみて確かめてみることにしました!

運用ルール

今回は運用に必要な最低金額の1万円でスタートしてみました。

ウェルスナビ」は「SBIネオモバイル証券」が提供する「WealthNavi for ネオモバ」であれば、1万円からスタートすることができます。
テオ」も以前は1万円からスタート出来たのですが、少し前に10万円からに変わってしまいました。
ただ「テオプラス docomo」であれば内容は変わらず1万円からスタートできますので、これから始める方はこちらの方がよいかもしれません。

今回はそれぞれ1万円を同時に入金して比べてみることにしました。

運用ルール

テオWealthNavi for ネオモバの運用を同時にスタート
・それぞれ1万円から運用開始


運用実績

 ウェルスナビテオ
2020年2月-750円-616円
2020年3月-1737円-2496円
2020年4月-1290円-1837円
2020年5月-855円-1997円
2020年6月-596円-1211円
2020年7月-238円-1015円
2020年8月+120円-641円
2020年9月-179円-942円
2020年10月-451円-1354円
2020年11月+477円-205円
2020年12月+847円-70円
2021年1月+986円-17円
2021年2月+1371円+100円
2021年3月+2030円+788円
2021年4月+2347円+1346円
2021年5月+2668円+1370円
2021年6月+2790円+1760円
2021年7月+2763円+2012円
2021年8月+2921円+2298円

今回は両方とも伸びていますね!
両方とも米国株が伸びた感じでしょうか。

テオの方が米国株に切り替えてから、だんだんとウェルスナビに追いついていますね。
今年は米国株が調子が良いので、追いつく日も近いかもしれません。

逆に米国株が調子が悪くなると、伸びづらそうに見えますので、その点にも注目したいですね。

1万円で始められるウェルスナビこちらから

1万円で始められるテオこちらから

現在のポートフォリオ

ウェルスナビ

テオ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です