【2020年1月運用実績】株価指数で始める配当生活【イギリス100】

ユイです!

こちらで株ではなく、株価指数を買って配当を貰おう!という内容を紹介しました。

株じゃなくて指数で始める配当生活

株価指数は投資信託のようなイメージのため、倒産などで価値がなくなるリスクが株に比べて低く、長期的に見て値上がりが期待できます。

そこでわたしも紹介した株価指数を実際に購入して運用した実績を公開します!

運用ルール

GMOクリック証券のイギリス100はFTSE100と同じ指数で、少額から購入することが出来ます。

こちらの記事でも紹介しましたが、リーマンショックに耐えられるくらいの予算を確保しても4万円から始めることが出来ます。

株じゃなくて指数で始める配当生活

そのため、まずは4万円で1つ購入していきたいと思います。

運用ルール

  • 4万円で1つ購入
  • 今後配当が4万円貯まったら追加で1つ購入する。


運用実績

累計配当含み損益
2019年8月+978円-925円
2019年9月+1472円+236円
2019年10月+1472円-1583円
2019年11月+1472円-859円
2019年12月+2240円+2513円
2020年1月+2240円-2292円

先月から一転含み益が含み損になってしまっていますね。
投資信託の運用実績も景気が下り坂になっているような結果となっていましたので、こちらも同じ理由かもしれません。

ただ配当が貯まってきたことで、この程度の値下がりでもプラマイゼロくらいになってきました。
この調子で配当が貯まれば、多少値下がりしたところで、それを差し引いても配当分でプラスになりそうです。

そうなればいつ売却してもよくなるので、そうなっていくことを期待したいところです。

まずは次の配当が3月なので、それを楽しみにしましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です